ミックスボイス一覧

  • The Greatest Showman「Never Enough」 ベルティング発声を音響解析

    ここまでのSinging Voice Scienceの知識を使って実際にベルティング発声を音響解析してみようと思います。 まだ音声学の基礎知識が無い方は「裏声 / 地声発声時の喉頭原音を音響解析」まで戻って順番に読んでいけば分かりやすいと思います。 今回はThe Greatest Show manの劇中曲。Loren Allred 「Never Enough」を音響解析をしてみます! 2:04の「For Me」の「い」母音 ベルティング発声時に音響解析をしてみようと思います。 解析において必要な情報 ・どの音程を歌っているのか? 音程が決定されると、基音〜すべての倍音が決定されます。 ・どの母音を歌っているのか? 母音がわかれば、共鳴腔がどんな形をしているのか?それによってどんな共鳴特性があるのか?が分かります。 さて、ここで質問です。 Loren Allredは2:04の「For Me」のMeの瞬間に歌っている母音は本当に「い」母音でしょうか? ほぼほぼ「え」母音を歌っているように聞こえるのではないでしょうか? これはActive … 続きはこちら≫

  • 最強の共鳴メソッド?母音を科学的に解説!

    前回のブログ「喉頭原音ってどんな仕組みで「声」に変わるの?」では声帯で作られた音がどのように声に変わっていくのか?を説明しました。 またソース・フィルタ理論についてもお話しをしました。 今回は、日本語の母音がどのような声道の形状をしているのか?それによって、それぞれどのような特性があるのか? について科学的にお話ししようと思います。 まずは「い」母音 左側が口の中の図。   右側が周波数特性です。(黄色の線が周波数特性でF1, F2, F3)と数えます。 ※音響解析をする時に重要な事※ 母音を認識するためにはF1,F2(第1共鳴、第2共鳴)の2つの共鳴が必要となります。 喉側のスペースが大きくなるとF1の周波数帯が低い傾向にあり、逆に狭いとF1が高い傾向にあります。 口側のスペースが大きくなるとF1の周波数帯が低い傾向にあり、逆に狭いとF1が高い傾向にあると言う相関性があります。 「い」母音の特徴 ・舌の位置が非常に高く、前に位置。 ※耳鼻科で声帯を観る時に「い〜」と発音させられるのは、喉の空間が最も広く、観察しやすいからです。 ・喉側の… 続きはこちら≫

  • ホイッスルボイスとは?2つのパターンを解説!

    「ホイッスルボイスって何のこと?」 「ホイッスルボイスの事は知っているけど、自分はあんな声出せない・・・」 などといった方達もいらっしゃることでしょう。 今回はホイッスルボイスとは何なのか?詳しく解説をしていこうと思います。 まずはこちらをご覧ください。 実際に聞いてみていかがでしたか? まるで笛の様な声で、小鳥が鳴いている様にも聴こえませんでしたか? 実はこのホイッスルボイス。出し方は1つではなく、大きく分けて2つの出し方があると言われています。 どのような方法があるのかをご説明していきましょう。 ホイッスルボイスを出すための2つの方法 サンフランシスコで開かれたVocology in Practice(V I P)の学会において、ユタ大学の音声学者Ingo Titze博士のお話がありました。 ※Ingo Titze博士と桜田ヒロキ 博士によると、ホイッスルボイスには2通りの出し方があるそうです。 ①気流型発声(Turbulence Type) この発声は、口笛と同じ方法です。 これは、 ・声帯は振動して… 続きはこちら≫

  • どちら派?2つのベルティングボイスを比較してみよう

    ベルティング発声法(=力強いチェストボイスで高音を出す技術)に憧れている方、多いのではないでしょうか? しかし、ベルティング発声法は上級者向けのテクニックなので、身につけるのは至難のわざです。 例えば、イディーナ・メンゼル(Idena Menzel)の歌声を聴くと、 「さすがにこんな風に歌える自信はない!」 と思う方も多いのではないでしょうか? しかし、ベルティングボイスは持ち前の声の種類によって音色がすごく変わるので、この動画をご覧になった皆さん! “自分には出せない“なんて決めつけないで下さいね! そこで今回は、世界的に基準にされているブロードウェイのベルティング発声法を2つご紹介していきます! 2つの歌声を聴き比べてみましょう お題にする曲は、『Live For The One I Love』という曲です。 お2人とも、同じキーのB♭メジャーで歌っています。 【Celine Dion(セリーヌ・ディオン】 【Tina Arena(ティナ・アリーナ)】 2つの歌声を聴いてみて、どう感じましたか? 同じ曲… 続きはこちら≫

  • 歌うと苦しい!過緊張発声の原因と解消法

    「歌うと喉が痛くなる・・・」 「歌うと喉の疲労が激しい・・・」 そんな風に感じた事がある方は多いと思います。 実際、レッスンにいらっしゃる生徒さんの半数以上はこの悩みを解消する事を希望しています。 今回は、そんな悩みを解決していきましょう! 歌うと喉が疲れるのは何故? 今回動画に出て頂いた生徒さんは、“大きな声が出ないのに喉が疲れる”という悩みを持っています。 歌うと喉が痛む原因は、喉のどこかの部位の“過緊張”によるものと考えられます。 ある音程の声を出すために、本来使われるべき筋肉が使われていない場合、どこか他の筋肉で補填をする必要が出来ます。 しかし代替利用される筋肉は本来、必要な筋肉の動きは出来ないので、必要以上に働く必要があります。 それが複合的に 「筋肉Aが動かないから筋肉Bで補填。筋肉Bだけでは間に合わないので、筋肉C,Dで補填。。。」と悪循環が生まれてしまうわけです。 ボイストレーナーの仕事は 「筋肉Aだけ動いてくれれば他の筋肉はリラックス出来るよね!筋肉A!ちゃんと働こう!」とトレーニングを通じて働きかけてあげる… 続きはこちら≫

  • 声楽・裏声発声から地声の習得方法を科学的に解説

    「裏声発声は出来るけど、地声発声が苦手なので、克服したい!」 桜田ヒロキのレッスンを受講の方で最もご希望の多いレッスンメニューです。 声楽、オペラ、合唱を歌ってきた女性で、 「裏声(頭声、レジット)は出来るけど、地声を習った事がない。」 「クラシカルな高音は得意だけど低音や地声的な高音発声が苦手・・・。」 そんな方、特に女性に多いのではないでしょうか? 今回は動画を観ながら効果的なトレーニングメニュー。 そしてその根拠を科学的に解説してみようと思います! 頭声・裏声発声は声帯の上皮〜靱帯層を使った発声 解剖学的に観る声帯の運動パターンとボイストレーニングへの応用で詳細解説をしていますが、頭声や裏声発声は声帯の筋肉層を強く使わず、声帯の上皮や靱帯を使って発声していると言われています。 この図は歌唱に適した地声の発声時の声帯の断面図になります。 声帯の内側に走っている筋肉(声帯筋・甲状披裂筋)に適度な力が入っているため、声帯を四角型に近い状態に維持出来ています。 これにより充分な声門の閉鎖を行う事が出来ます。 例えるなら、輪… 続きはこちら≫

  • 声帯靭帯の硬度から高音発声開発を考える

    高音発声に憧れてボイストレーニングを始める方はとても多いのは、もうご存知の事だと思います。 高音の音域拡大するためには、 技術の向上 →声帯や共鳴腔をどのようにコントロールするか? 身体能力の向上 →筋肉がどの程度、発達しているか?、またその筋肉を十分に使えているか? この2点がとても重要な要素になります。 ただ身体能力の向上の1つに「声帯靭帯の硬化」と言うのを聞いた事はないと思います。 今日は声帯靭帯が高音に及ぼす恩恵と、それ以外の高音発声に不可欠な要素についてお話してみようと思います。 声帯靱帯が高音発声に重要な理由 ユタ大学の音声学者、そして音声学者のバイブルともいえる「音声生成の科学―発声とその障害(多分、音声外来の医師、音声学者で読んだ事のない方はいないと思います。)」の著者 Ingo Titze氏の話です。 「声帯の靱帯の硬さが、声の高さに強く影響を及ぼす」と言うことを直接伺う事が出来ました。 靱帯を含む声帯の構造についてはこちら 具体的には、猿の「キー!!」と言う鳴き声は靱帯の硬さによって繰り出されてい… 続きはこちら≫

  • 顎や顎の下の緊張を和らげる方法ってありますか?

    高くて苦しい音域になってくると顎が前に出てくる? そもそも顎が前に出てくる? 顎の舌の筋肉がカチカチに硬くなっている? 今日はそんな悩みを解決する練習法をお届けします! 舌骨上筋リリース【公開動画】 from 桜田ヒロキ on Vimeo. 歌っていると顎が前に出てくる? トレーニングが充分でないシンガーの顔って顎を前に出して、苦しそうに高音を歌うイメージってないですか? それは主に舌骨上筋群(Suprahyoid muscles)と言う舌骨から生えている筋肉達が過剰に働いているからと考えられます。 特に下記の2つの筋肉は顎の舌から、喉側に向かう筋肉です。(顎側が起始。舌骨が停止。) ・オトガイ舌骨筋 (Genniohyoid muscle) ・顎二腹筋 (Digastic muscle) これらの筋肉をかためて顎を前にスライドすれば喉頭を上げる補助となる可能性があります。 高音を出すために喉頭を上げる行為は、音色が細く鋭くなるため音楽的に好まれにくく、何よりも苦しいです。 あまり良くはなさそうですよね? 舌骨上… 続きはこちら≫

  • 解剖学的に観る声帯の運動パターンとボイストレーニングへの応用

    桜田ヒロキのレッスンではファルセットの練習を多く使いますが、「それってなんで?っ」て思った事はありませんか? 実はそれには科学的、解剖学的な理由があります。 今日は「ファルセットがなんでボイストレーニングに重要なの?」について解説しようと思います! 声帯構造について 声帯は5層の構造によって構成されています。 上皮 epithelium 浅層(粘膜固有層) Superficial lamina propria 中間層(粘膜固有層) Intermediate lamina propria 深層(粘膜固有層) Deep lamina propria 筋肉層  Muscularis 上皮・浅層はゼリー状の粘膜で出来ているそうです。 中間層はエラスチンと言う素材で出来ています。弾力性に優れ、皮膚や血管に含まれているタンパク質です。 深層はコラーゲンで出来ています。靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質で、これまた弾力性に優れ密度が高ければ強い衝撃にも絶える事が出来ます。 「カバー・ボディ」の2層構造と「粘膜・靱帯・筋肉」の3層構造論があ… 続きはこちら≫

  • 発声において重要な筋肉の動きを理解しよう!

    歌を歌うのに超重要な筋肉、 甲状披裂筋(TA)と輪状甲状筋(CT)をはじめとする喉頭の運動を動画で解説している動画を見つけました。 詳しい解説をつけてお話をしていこうと思います。 動画を観ながら解説します ● Thyroid muscle(甲状舌骨筋) - 筋肉のアクションについて 喉頭を引き上げる 舌骨を引き下げる (0:08 ~ 0:20) ● Crycothyroid muscle(輪状甲状筋) - 声帯に張りを作る (0:20 ~ 0:35) ● Thyro-arytenoid muscle (甲状披裂筋) Vocal Muscle(声帯筋) - 収縮筋として機能 (0:35 ~ 0:45) ● Internal thyro-arytenoid(内側甲状披裂筋) Vocal Muscle(声帯筋) - 収縮筋として機能 (0:47 ~ 0:54) ● Ary-epiglottic Muscle (披裂喉頭蓋筋) - 喉頭蓋(こうとうがい)を閉じる (1:03 ~ 1:30) ● Poste… 続きはこちら≫