2022年 06月 20日 の記事一覧

  • なんでこんなに声を自由自在にコントロールできるの?松浦航大くんの声の器質について

     松浦航大くんがまだ若き日に何度かレッスンを受けてくれていたのでカルテを探したところ、Great Dramatic Tenorと書いてありました。 Great:素晴らしい、Dramatic Tenor:声の低めの声種 Dramatic TenorかBaritoneで男性の中低音の声種を指していて、本当に声が豊かだという印象を受けたかと思います。 ではなぜ高い声がこんなにも出るのか、なぜこんな声色がコントロールできるのかと疑問に思うかと思いますので、器質的な大きい要因について説明していきます。 松浦航大くんの声の特徴 では彼の特徴を見ていきましょう。 彼は非常に首が長いですね。 首の長い人は声道(声帯から唇までの距離)が長くなります。 声道が短ければ短いほど軽やかで高い声を増幅するのに向いている共鳴腔になります。 それから彼は背も高く体が大きいですね。なので体が大きい分、声帯も一般より長い可能性があると考えられます。 従って声帯が長いと低い音を鳴らすのが得意な可能性があるということになります。 そして彼は首が長く咽頭の位置が上の方にあります。高い位置にある… 続きはこちら≫